• 印刷する

IMF世銀総会、経済効果は5.5兆ルピア

インドネシア国家開発企画庁(バペナス)は、10月12~14日にバリ島で開催された国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会の経済効果が、5兆5,000億ルピア(約429億4,300万円)に上ったと明らかにした。国営アンタラ通信が19日伝えた。

バペナスのバンバン長官によると、経済効果の内訳は、2017~18年にかけて実施された建設投資が3兆500億ルピアで最大。国内外からの総会参加者による支出は5,820億ルピアだった。

年次総会には、IMF加盟189カ国・地域の閣僚・中銀総裁などが参加。会期中、インドネシアの国営企業14社が総額202兆ルピアの契約を締結したほか、バぺナス傘下の非政府予算投資金融(PINA)センターも47兆ルピアの投資を獲得した。

バペナスとインドネシア大学経済社会研究所(LPEM)が総会参加者を対象に実施した調査では、76%が「インドネシアを再訪したい」、95%が「同僚や家族・知人にインドネシア訪問を勧める」と回答したことが明らかになった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

バンドン空港は近距離便拠点に、運輸相(02/22)

アジアポリー、アチェ水力発電所事業を縮小(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン