プラ袋規制の動き広まる 有料化や禁止、業界団体は異議も

インドネシアでも海洋汚染の主な原因となっているプラスチック製の買い物袋の使用を抑制および禁止する動きが広まっている。首都ジャカルタをはじめ首都圏の各地方政府は、スーパーなどの近代小売市場だけでなく、生鮮市場など伝統小売市場でも提供や使用を控えるよう呼び掛けてい…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝夕の通勤ラッシュ時間…(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

酒井重工業が製販体制を増強 新工場開所、年産能力を倍増(07/24)

ピーエス三菱、コンクリ防食技術で共同研究(07/24)

接着剤コニシ、製販の合弁会社設立へ(07/24)

中国が反ダンピング税適用、ステンレス鋼に(07/24)

1~5月自動車生産、東南ア最大の30%減(07/24)

ジャワ島で経済特区が可能に、要望多く(07/24)

環境省、原油流出で国営石油などに損賠提訴(07/24)

75県・市で干ばつ被害、人工降雨も検討(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン