• 印刷する

11月の訪日香港人3.3%減、マイナス続く

日本政府観光局(JNTO)が19日発表した11月の訪日香港人は、前年同月比3.3%減の16万7,200人(推計値、以下同じ)だった。マイナスは3カ月連続で、今年に入って前年同月を割り込むのは6度目。減少幅は10月から2.4ポイント拡大した。

近畿地方を襲った台風21号や北海道胆振東部地震など自然災害の影響が一部で残ったほか、米中貿易摩擦による市民の消費マインド悪化などがマイナスの要因。訪日人数ベースでは中国、韓国、台湾に次いで4番目に多かった。

1~11月の合計は前年同期比1.3%減の199万8,400人だった。減少幅は1~10月から0.2ポイント広がった。

11月の全体の訪日外国人は3.1%増の245万800人で、11月としては過去最高を記録した。1~11月では9.1%増の2,856万100人だった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新世界が住宅購入一元化、2Qに運用開始(13:28)

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

中小の銀行融資審査、18年4Qは少し容易に(02/21)

反発、大湾区関連銘柄に買い継続=香港株式(02/21)

銀聯、旧正月の香港取引額が4割増に(02/21)

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに(02/21)

大湾区は「中国のEUに」、専門家(02/21)

大湾区の貿易にワンストップサービス、広東(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン