• 印刷する

マレーシアのCIMB銀、初の支店開業

マレーシアの金融大手CIMB銀行のフィリピン法人、CIMBバンク・フィリピンはこのほど、フィリピン初の支店をマニラ首都圏に開設した。CIMB銀行は今回の支店開設で、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国全てに支店網を広げた。

CIMB銀行は、2017年11月にフィリピン中央銀行から支店開設の認可を取得。1年余りの準備期間を経て、今月3日に支店業務を開始した。中小企業や個人向けリテールバンキング業務を行う。外国銀行の国内参入制限を撤廃する法律(共和国法第10641号)が14年7月に施行されて以降、マレーシアの銀行では初めての進出となる。

地元紙スターによると、CIMB銀行は12年にもフィリピンへの進出を図ったことがある。地場財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)から地場商業銀行の株式58%を取得することに合意したものの、取引の細部をめぐって最終合意に至らず、買収を断念した。今年3月には、国内で公共料金の収納代行業務などを手掛けるCISバヤッド・センターなどと提携し、フィリピンでの業務拡大を目指している。

CIMBは、マレーシアではメイバンクに次いで2番目の規模を持つ金融グループ。東南アジアではマレーシアを含めて900余りの支店を展開しているほか、中国、香港、インド、スリランカ、韓国、米国、英国にも進出している。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(12:43)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン