日系企、豪石炭権益見直し進行 一般炭は放出、原料炭は維持

日系企業が、オーストラリアで保有する炭鉱権益について、ポートフォリオの見直しを進めている。三井物産と三菱商事は、12月に入り一般炭資産を放出。住友商事は、原則的に一般炭の新規開発案件への出資を控えるとしているが、既存の一般炭権益については、顧客などへの安定供給を…

関連国・地域: オーストラリア日本欧州
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン