日系企、豪石炭権益見直し進行 一般炭は放出、原料炭は維持

日系企業が、オーストラリアで保有する炭鉱権益について、ポートフォリオの見直しを進めている。三井物産と三菱商事は、12月に入り一般炭資産を放出。住友商事は、原則的に一般炭の新規開発案件への出資を控えるとしているが、既存の一般炭権益については、顧客などへの安定供給を…

関連国・地域: オーストラリア日本欧州
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣に住むオージー一家が…(07/22)

【特別企画】日豪のM&Aを語ろう(上) 業界座談会第4弾(07/22)

大日本住友製薬、豪医薬品企と買収交渉(07/22)

アサヒ、CUB買収で豪ビール最大手に(07/22)

川重主導の水素事業、液化プラント建設開始(07/22)

豪投資銀、上半期総売上高が12%減少(07/22)

豪与党、組合の登録はく奪可能法案を計画(07/22)

豪CEO給与、3分の1が凍結で賃金上昇暗雲(07/22)

中国に財政上の危機、豪に打撃も=経済学者(07/22)

豪家電ブレビル、米の真空調理メーカー買収(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン