• 印刷する

テイクオフ:オフィスの前でよく顔を…

オフィスの前でよく顔を合わせる女性が、ある朝、しかめっ面をしていた。「自宅の横に犬が居座るようになったの」。邪魔、危険、非衛生、と毒づく。

インドの人たちと犬について話をすると、その考え方に戸惑う。町の至る所に野良犬がうろつき、人や車と衝突せずに生きている。けれど愛すべき動物というわけではなく、多くの人が「別に好きじゃない」と言う。それなら保健所へ、という意見がありそうなものだが、「それはだめだ」と誰もが首を横に振る。支持はしないが受け入れはする。不殺生を旨とするヒンズー教の人たちの意識が、インドを野良犬にとって住みよい国にしているようだ。

女性とは十日ほどして再び顔を合わせた。状況は変わっていない様子。「餌を投げて追い払うんだけど、すぐ寄って来るの。ずうずうしい」。気付いていないのは彼女だけかもしれないが、その犬はもう立派に彼女の犬だと思う。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(16:51)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン