• 印刷する

配車オラ、新興二輪レンタルに1億ドル出資

ボゴに出資すると発表したオラのアガルワルCEO(右、同社提供)

ボゴに出資すると発表したオラのアガルワルCEO(右、同社提供)

インドの大手配車サービス「OLA(オラ)」は18日、スクーターのレンタルサービスを手掛けるVogo(ボゴ)に1億米ドル(約112億円)を追加出資すると発表した。ボゴは資金を元にスクーター10万台を調達するほか、オラのアプリを通じたサービスの提供を近く開始する。

ボゴは2016年に南部ベンガルール(バンガロール)で創業した新興企業で、ベンガルールとハイデラバードの南部2都市でスクーターのレンタル事業を展開する。これまでに延べ10万人余りがアプリを通じて同社のサービスを利用し、利用距離は計2,000万キロメートル以上に達する。

オラの共同創設者であるバビシュ・アガルワル最高経営責任者(CEO)は、今回の出資について、ラスト(ファースト)マイルの多様な移動手段の構築を支援すると説明。急成長するインドの超小型モビリティーを使ったサービス分野での事業展開に意欲を示した。

ボゴは今年8月、二輪車最大手ヒーロー・モトコープのパワン・ムンジャル会長やオラなどから資金を調達したことを明らかにしていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ハーイ。レッツゴー」…(02/21)

タイヤ業界は3Qも各社減益 原料費上昇、19年は回復見通し(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

タタ自、プネ工場労組と長期賃金協定を締結(02/21)

ピアッジオ、小型モーターバイクを来年発売(02/21)

対インドの貿易額、増加率で世界平均下回る(02/21)

商用車アショク、10~12月は2桁の減収減益(02/21)

ヤフーとオヨが合弁、日本で賃貸住宅事業(02/21)

ビクラム、AP州で太陽光発電所を稼働(02/21)

屋根型太陽発電の普及事業、第2期を承認(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン