干ばつ保険開発で農家支援 SOMPO、衛星データ活用

SOMPOホールディングス子会社の損保ジャパン日本興亜はミャンマーで、コメ農家の干ばつによる損失を、人工衛星の雨量観測データに基づき救済する、新たな保険商品の展開を技術支援する。来年からの共同実証事業に向け、最大都市ヤンゴンで18日、国営保険会社などと覚書を締結…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 農林・水産金融


その他記事

すべての文頭を開く

ウィン・カイン電力相、病気で療養中(18:46)

月20時間の停電が企業に影響 インフラ未整備は深刻=米NGO(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

電力の供給制限を解除=ヤンゴン公社発表(06/24)

携帯電話のネット接続遮断、ラカインなどで(06/24)

日本生命、23億円でGGI傘下の35%取得へ(06/24)

ネザスHD、来年初めにヤンゴンでトヨタ店(06/24)

中国東方航空、上海―ヤンゴン線を就航(06/24)

小口融資マハーバウガ、YSX上場目指す(06/24)

国営企業の利益、次年度から全額国庫に上納(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン