碧桂園と清華大、ロボット分野などで協力

広東省を地盤とする香港上場のデベロッパー大手、碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)は16日、同省仏山市で清華大学と戦略提携協定を交わした。両者は人工知能(AI)、ロボット技術の研究開発(R&D)や応用、人材育成などで協力していく。ネットメディアの…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

農協銀、金融網からファーウェイ機器排除へ(17:29)

世界の人材ランク、シドニーとメルボが上位(17:13)

工業企業利益、1~4月は3.4%減(17:42)

テイクオフ:日本は5月としては記録…(05/27)

EMS和碩、回帰投資に149億元 R&Dなど強化、米中摩擦に対応(05/27)

中国宝武鋼鉄、生産移管を検討(05/27)

貿易への逆風に警戒感 商務省、1Qの対米2桁減(05/27)

TSMC、華為傘下・海思半導体への出荷継続(05/27)

昨年10月~3月の対中貿易額、55.6億ドル(05/27)

米中貿易戦争、米国からの視点を解説(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン