金融CIMB、高速運営PLUSに法的措置

マレーシアで非接触型自動決済カード「タッチンゴー」を運営する合弁会社タッチンゴー(TnG)の出資企業の間で、不協和音が生じている。出資企業の1社が、独自の無線周波数識別(RFID)システムの運用を開始したことが発端。 TnGに52.2%を出資する金融大手CIMBグ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア気象庁による…(02/18)

収益と戦略で「7:3」運用 カザナ、幹部刷新後の新機軸表明(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

RM=26.9円、$=4.09RM(15日)(02/18)

ガスマレーシア、10~12月期は19%増収(02/18)

インソン、JX石油開発からO&M受注(02/18)

マリンドエア、3月から北海道便を就航(02/18)

透析施設に影響も、免許失効で病院閉鎖(02/18)

マキシス、向こう3年で設備投資10億リンギ(02/18)

ロイヤルカリビアン、マラッカにも投資意向(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン