乗用車CO2「37.5%減」、EUが基本合意

【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は2030年までに、域内で販売する乗用車(新車)の二酸化炭素(CO2)排出量を21年目標と比べ37.5%削減する方針を固めた。欧州委員会が17日夜、EU環境相理事会と欧州議会が基本合意したと発表した。欧州議会と加盟国で承認されれば、正式…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

運輸トール、難民収容所運営に興味あった?(16:49)

アマゾンが新興EVに出資770億円、運輸強化(02/19)

テイクオフ:パキスタン事業を担当す…(02/19)

テイクオフ:海外から帰省した際に日…(02/19)

テイクオフ:日本での一時帰国中の買…(02/19)

東京計装、宜蘭に流量計新工場 20年3月稼働、将来は年産量倍増(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

日産会長の権限縮小提言へ、取締役会議長は社外(02/19)

二輪販売、日系3社は0.5%増 パキスタン、上期は57万台(02/19)

日清フーズ、豪穀物製造買収か 中国企業が応札撤退(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン