上場企業が来年小幅増益、半導体大手不振で

韓国の市場調査会社エフエヌガイドによると、2019年に韓国の主要上場企業の営業利益は前年比1.7%増にとどまると予想される。これまで全体の利益を押し上げてきたサムスン電子とSKハイニックスの半導体大手2社が、半導体市場の成長の減速により減益に転じる見通しだ。18日付聯合…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(11:49)

ガラス密閉容器の三光グラス、缶事業を売却(13:33)

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

テイクオフ:日本で韓国の国旗「太極…(07/22)

韓国半導体が「脱日本」推進 材料を国産化、品質に課題も(07/22)

有識者ら、日本の追加措置に危機感も(07/22)

R&D支援・延長労働許容へ、輸出規制受け(07/22)

「日本製不売」店に垂れ幕、冷静な声も(07/22)

トランプ氏、日韓仲介を示唆(07/22)

サムスン、新型の5Gフォン用DRAM量産(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン