• 印刷する

テイクオフ:今年も残りわずかとなり…

今年も残りわずかとなり、本格的な忘年会のシーズンに入った。しかし、不景気のせいもあってか、イルミネーションとクリスマスソングにあふれるといった明るい雰囲気はない。忘年会を映画鑑賞の1次会で終えたり、部署ごとのランチやティータイムに縮小したりするという企業も少なくない。

プライベートでも、大勢が集まるパーティーより家族や友人と素朴なホームパーティーを楽しむ人が増えた。その影響で、書き入れ時の飲食店街も、ホームパーティー族を狙った企画を次々と打ち出すコンビニやデリバリー業界に押され気味で、閑散としている。

「お酒で始まってお酒で終わる」と言っても過言ではなかった韓国の忘年会。にぎやかな年末年始の雰囲気がなくなったのは寂しいが、忘年会ラッシュから解放されるビジネスパーソンにとっては嬉しい変化なのかも知れない。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…(02/20)

板橋がIT都市の地位確立 域内売上高が拡大、企業交流活発(02/20)

1月自動車産業、現代自好調で全項目増加(02/20)

現代自の主力セダン・ソナタ、8代目生産(02/20)

シルクエアー、5月に釜山直行便を就航(02/20)

現代自が外部監査人交代、30年ぶり(02/20)

駐車場拠点にEVサービス、Eマートが拡大(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

JALサーチャージ値下げ、韓国は300円に(02/20)

配車サービスに牙向くタクシー、業者を告発(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン