• 印刷する

テイクオフ:今年も残りわずかとなり…

今年も残りわずかとなり、本格的な忘年会のシーズンに入った。しかし、不景気のせいもあってか、イルミネーションとクリスマスソングにあふれるといった明るい雰囲気はない。忘年会を映画鑑賞の1次会で終えたり、部署ごとのランチやティータイムに縮小したりするという企業も少なくない。

プライベートでも、大勢が集まるパーティーより家族や友人と素朴なホームパーティーを楽しむ人が増えた。その影響で、書き入れ時の飲食店街も、ホームパーティー族を狙った企画を次々と打ち出すコンビニやデリバリー業界に押され気味で、閑散としている。

「お酒で始まってお酒で終わる」と言っても過言ではなかった韓国の忘年会。にぎやかな年末年始の雰囲気がなくなったのは寂しいが、忘年会ラッシュから解放されるビジネスパーソンにとっては嬉しい変化なのかも知れない。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「休みでも家事や育児で…(06/26)

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(06/26)

経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ(06/26)

中小企業の9割、下期投資拡大せず(06/26)

SBI貯蓄銀行、モバイルサービス開始(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

ウリ金融、2022年までに完全民営化へ(06/26)

SKTとLG、5Gクラウドロボット開発(06/26)

ポスコケミカル、電池素材に10兆ウォン投資(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン