• 印刷する

主要空港の旅客数、18年は1000万人超えも

カンボジアの空港運営会社カンボジア・エアポーツによると、2018年の主要国際空港3カ所の旅客数が13.6%増の1,000万人に達する見通しだ。好調な観光業がけん引役となる。クメール・タイムズ(電子版)が18日伝えた。

エリック・デロベル最高経営責任者(CEO)は「空港の刷新・拡張でインフラを整備するとともに、カンボジア観光省と協力して利用者を増やしていく」と強調した。一方、接続性などは改善の余地があるとの見解も示した。

カンボジアは現在、中国や韓国、日本を含むアジア60都市へのアクセスが可能。インドやロシアへの新規路線の就航計画もある。

観光省によると、18年1~10月の外国人観光客数は前年同期比11.5%増の483万人。中国人は71.5%増の163万人で最も多かった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本政府、港湾電子化・かんがい整備を支援(02/21)

EU制裁は国際対立を激化、野党名誉党首(02/21)

シアヌークビル空港、滑走路延伸が着工(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

シエムレアプに水族館建設、7千万ドル投資(02/21)

越産コメ輸出、条件緩和も中国規制で減速(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン