• 印刷する

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消

日産自動車は、来年9月までにマレーシアのタンチョン・モーター・ホールディングスとのベトナム合弁会社を解消する。合弁会社の日産ベトナムは18日、両社が合弁解消に向けて協議していることを明らかにした。

日産ベトナムの広報担当者はNNAに対し、「合弁の解消は2019年9月に発表される」とコメント。「合弁解消後も、ベトナム事業を続ける」としたものの、「組織再編については関係各社と協議中であり、現時点では詳細は明らかにできない」とした。

日産ベトナムは当初、デンマーク系のカジャー(Kjaer)グループと日産自動車との合弁会社だったが、10年にマレーシアで日産車の生産・販売を手掛けるタンチョンがカジャーの持ち株74%を引き受け、子会社化した。残りの26%は日産自動車が出資している。

タンチョン傘下のTCIEベトナムは13年から、中部ダナン市で、日産のセダン「サニー」、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」などを生産している。

■SUV「テラ」を発売

日産ベトナムは同日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「テラ」を発表した。3バージョンで価格は9億8,800万ドン(4万2,000米ドル、約478万円)~12億2,600万ドン。


関連国・地域: ベトナムマレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン