首都の集合住宅が急拡大 30年に2.8万戸、外国人増などで

カンボジアの不動産コンサルタント会社Vトラスト・アプレイザルは18日、首都プノンペンの将来の不動産市況を予測した報告書の一部を明らかにした。外国人が多く住むサービスアパート(家具付き集合住宅)の供給可能戸数は2030年代初めに現行比3.1倍の2万8,000戸に急増する見通し…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

会社登記1.4万件に倍増 18年1~11月、商標登録も増加(02/15)

近鉄エクスプレス、首都空港に事務所開設(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

商業省、EU制裁手続き受け対策協議(02/15)

首相長男、EU制裁は「試されている」(02/15)

首都渋滞緩和へ特別チーム組織、国家警察(02/15)

エミレーツ、バンコク―プノンペン線就航へ(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ABA銀、11支店新設を計画(02/15)

教育省、中退者の海外出稼ぎを懸念(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン