首都の集合住宅が急拡大 30年に2.8万戸、外国人増などで

カンボジアの不動産コンサルタント会社Vトラスト・アプレイザルは18日、首都プノンペンの将来の不動産市況を予測した報告書の一部を明らかにした。外国人が多く住むサービスアパート(家具付き集合住宅)の供給可能戸数は2030年代初めに現行比3.1倍の2万8,000戸に急増する見通し…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

建設投資認可額、1~9月は34.7%増(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

縫製産業のセクハラ、経済損失は97億円(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

太陽光発電プライム、カンボジアに進出へ(10/21)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン