• 印刷する

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…

「もういくつ寝ると」クリスマスである。商業施設の、真っ白い綿の雪で彩られたクリスマスツリーが、冬の感覚が全くなくても気分を盛り上げる。客がどっと増える週末に比べて客数の少ない平日でさえツリーの前は写真撮影の客でにぎわっている。

ただこうした買い物客のにぎわいとは裏腹に、季節感というか歳末感というか、さあ2019年に向けてラストスパートだ、という感じがほとんどしない。毎年のことではあるのに、毎年同じように感じている。毎年レバラン(イスラム教の断食明け大祭)という年末年始的なイベントがあるインドネシアだから、特にそう感じるのかもしれない。

なので日本や他国の歳末風景とのギャップに苦しんでいるのは小生だけではあるまい。これが「文明の衝突」というものかと、年末進行で疲れた脳が勝手に考える。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

メイカルタ開発で首都の水源汚染を懸念(14:03)

バリのサッカーチーム運営会社、近くIPO(12:38)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(14:45)

テイクオフ:6年ぶりにインドネシア…(02/20)

パパママストアに変革(上) IT活用、調達から販管まで(02/20)

日産、MPV2車種をフルモデルチェンジ(02/20)

日系参加の企業連合が南スマでガス鉱床発見(02/20)

三井石油開発、南スマトラで新たな鉱区落札(02/20)

ボーキサイト違法採掘、環境省が法的措置も(02/20)

使えるねっと、国営通信傘下と代理店契約(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン