• 印刷する

タクシー専用配車アプリ、2種類登場

マレーシアに新たなタクシー専用配車アプリが2つ登場した。オンライン配車サービス「グラブ」の台頭により苦境にあるタクシー業界にとって、業績回復の一助になることを政府は期待している。18日付スターが伝えた。

新登場したのは、「コールミー(caLLme)」と「タクシーゴー(TaxiGo)」。コールミーは当面、クアラルンプール国際空港(KLIA)と格安航空(LCC)専用ターミナル(KLIA2)のタクシー配車を専門に行う。同アプリは、マレーシア国家協同組合運動(アンカサ)と、タクシーやリムジン運営企業で組織する車レンタル事業者協会(PETEKMA)が共同開発した。

タクシーゴーは、地場キャブ・エムモビリティーが開発した。運転手にかかるアプリ利用料金は、運賃の一定割合ではなく、一回の乗車につき一律2リンギ(約54円)となっているのが特徴だ。

コールミーとタクシーゴーはそれぞれ、15日と17日に正式運営が始まった。それぞれの開始式典に出席したアンソニー・ローク運輸相は、タクシー業界の発展のため、配車サービスの重要性を改めて強調。2つの配車アプリの利用拡大を、消費者と運転手たちに訴えた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

GDP成長率、1Qは4.5% 農業の急回復と家計消費が下支え(05/17)

RM=26.3円、$=4.16RM(16日)(05/17)

DNeX、ジョホール港から荷役アーム受注(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

PCBの精成、マレーシア新工場を下期に稼働(05/17)

マレーシア航空、日本向けチャーター便拡大(05/17)

MASウイングス、欧州企業と整備契約(05/17)

ハブライン、子会社がペトロナスと輸送契約(05/17)

19年の搭乗者数は1億550万人、航空委員会(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン