• 印刷する

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…

台湾の著名なパン職人、呉宝春さんが政治の波にのまれている。上海店の開業に当たり、「台湾独立パン」とレッテルを貼られたことに対し、「私は中国人」と発言したことが、台湾で物議を醸したのだ。

騒動を受けて記者会見を行ったが、TVに映る呉さんは職人そのもの。がっくり肩を落とす姿が痛々しい。屏東で育ち12歳で父を亡くした。貧しい家の末っ子でパン職人の道に入った当初は、字も満足に読めなかったそう。そんな彼が一躍脚光を浴びるのは、2010年にパリで行われたベーカリーの国際大会で優勝してから。以来、彼の店「呉宝春」は行列ができる人気店となった。

週末、台北にある「呉宝春」を訪ねると、明るくてぬくもりにあふれた店内に焼きあがったばかりのパンがずらり。「あれこれ言わず、まずは口にしてほしい」。モノ言わぬパンからつぶやきが聞こえてくるようだった。(優)


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:のんびりのどかな鉄道旅…(05/21)

蔡政権3周年、支持率は回復 党内予備選は苦戦で再選には暗雲(05/21)

佳世達、POSシステムの全生産を台湾移管(05/21)

見守りカメラの雲云科技、1.3億元を調達(05/21)

台鉄が高雄で再開発計画、19年最大規模に(05/21)

遠東航空、福島・天津便など一部欠航取り消し(05/21)

民航局、遠東航空に運営改善を要求(05/21)

映画大手4社、台湾最大級の投資会社設立へ(05/21)

台船環海、CPIから風車62基の取付受注(05/21)

1Qの金融収支、流出額147億米ドル(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン