• 印刷する

テイクオフ:経済のデジタル化や、産…

経済のデジタル化や、産業高度化政策「タイランド4.0」を目指す政府のお膝元、バンコク中心部のタイ国家警察庁を訪れた。手入れの行き届いたメルセデス・ベンツやポルシェといった高級車がひっきりなしに入ってきて、目にもきらびやか。

ただ館内に入ると、突如10年以上前にタイムスリップした。書類の申請はプロセスごとに細分化され、各デスクに「所要時間~分」と表示するなど作業の効率化が図られているものの、マニュアル感が強い。写真を撮るだけ、料金を受け取って手書きで領収書を発行するだけといった作業者が多く、政府が唱えるデジタル化や産業の高度化とのギャップが激しい。

デジタル化で雇用が失われないようにした結果なのか、まだ改革が及んでいないのか。計りかねる一方で、変化を求めていないような公務員の悠然とした態度が気になった。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NEDOが車再利用の実証 トヨタと協力、解体や制度設計で(02/15)

大型バイク販売会、カワサキは3モデル発表(02/15)

車販売マスター、5G普及見込み新事業計画(02/15)

【「スポーツ×アジア」の新時代】タイ人が日本の地方都市に注目するワケ(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

三洋化成、帯電防止剤の生産に36億円(02/15)

家具TCM、英ブランドを米国に輸出(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

タイ国境、3月から冷凍肉・魚の輸入停止(02/15)

蛇口のオーシャン、子会社2社を設立(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン