• 印刷する

テイクオフ:インド企業が技術協力す…

インド企業が技術協力する「ペイペイ」の100億円還元キャンペーンがわずか10日間で終了したのに続き、「LINEペイ」が20%還元キャンペーンを開始するなど、日本で盛り上がりを見せるスマートフォン決済。キャッシュレス決済の比率が15年時点で20%程度と、他国に比べて低い日本での今後の普及状況が注目される。

インドの同比率は15年時点で約40%とされるが、現在、特に首都圏では2倍ほどに拡大しているように感じる。個人的にも当初は現金主義を貫いていたが、ATMの現金切れや釣り不足などに直面するうち、キャッシュレスの波にのまれていった。

一方で、請求金額の入力ミスや通信障害などには依然懸念が残る。エラーが出た際の暗証番号の再入力もためらいがちだ。「ジジジ」と音を立てて決済端末からレシートが出るまでの瞬間、思わず息をのんでしまう人は多いのではないだろうか。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本の新興医療が商機探る 印との協業目指し、南部でイベント(07/19)

ソフトバンク孫氏、日本のAI活用加速訴え(07/19)

米イービックス、旅行サイトのヤトラを買収(07/19)

住友不動産、ムンバイでオフィスビル開発(07/19)

全日空のチェンナイ便、10月27日に就航(07/19)

インディゴ、来月22日から国際線2路線就航(07/19)

MGモーター、EV「eZS」を年内に発売(07/19)

自動車展:インドや中国の商用車も新モデル(07/19)

独ボッシュ、ベンガルール近郊で新工場稼働(07/19)

友嘉、内外3工場稼働で生産額120億元増へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン