• 印刷する

テイクオフ:インド企業が技術協力す…

インド企業が技術協力する「ペイペイ」の100億円還元キャンペーンがわずか10日間で終了したのに続き、「LINEペイ」が20%還元キャンペーンを開始するなど、日本で盛り上がりを見せるスマートフォン決済。キャッシュレス決済の比率が15年時点で20%程度と、他国に比べて低い日本での今後の普及状況が注目される。

インドの同比率は15年時点で約40%とされるが、現在、特に首都圏では2倍ほどに拡大しているように感じる。個人的にも当初は現金主義を貫いていたが、ATMの現金切れや釣り不足などに直面するうち、キャッシュレスの波にのまれていった。

一方で、請求金額の入力ミスや通信障害などには依然懸念が残る。エラーが出た際の暗証番号の再入力もためらいがちだ。「ジジジ」と音を立てて決済端末からレシートが出るまでの瞬間、思わず息をのんでしまう人は多いのではないだろうか。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教えてもらったイベント…(11/21)

通信大手3社が一斉に値上げ 価格競争のツケ、投資継続困難に(11/21)

英会話レアジョブ、インド同業に出資(11/21)

ダイキン、アフリカ新興企業と提携へ(11/21)

訪日インド人、10月は1%増の1.4万人(11/21)

ANAが羽田―デリー便、来年3月から(11/21)

AD措置を終了、日本とインドの化学品(11/21)

エアインディア、27日にナイロビ直行便就航(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

ハリヤナ州のバイオガス事業、24社が関心(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン