米中貿易摩擦、工作機械各社対応急ぐ

米中貿易摩擦の長期化が懸念される中、台湾の工作機械大手各社が対応を急いでいる。受注や人件費などコスト管理の厳格化のほか、研究開発(R&D)の強化、中国以外の市場への分散化など、自社グループの現状に合わせた策を検討している。17日付工商時報が伝えた。 友嘉実業集団…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:のんびりのどかな鉄道旅…(05/21)

蔡政権3周年、支持率は回復 党内予備選は苦戦で再選には暗雲(05/21)

佳世達、POSシステムの全生産を台湾移管(05/21)

見守りカメラの雲云科技、1.3億元を調達(05/21)

台鉄が高雄で再開発計画、19年最大規模に(05/21)

遠東航空、福島・天津便など一部欠航取り消し(05/21)

民航局、遠東航空に運営改善を要求(05/21)

映画大手4社、台湾最大級の投資会社設立へ(05/21)

台船環海、CPIから風車62基の取付受注(05/21)

1Qの金融収支、流出額147億米ドル(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン