太陽光の送電費免除に制限、開発業者が異議

インド北部ハリヤナ州政府は、州内の太陽光発電事業に対する送電関連費用の免除について、設備容量50万キロワット(kW)を超える事業は対象から除外する方針を決めた。これに対して開発事業者らが抗議を行っている。エコノミック・タイムズ(電子版)が17日に伝えた。 背景には…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グルガオンは先週土曜ま…(06/19)

モディ内閣の住宅政策に期待 低価格2千万戸、実現に正念場(06/19)

海外の商業不動産への投資、昨年度7億ドル(06/19)

EV業界、政府予算発表前に4つの要望(06/19)

自動車部品サンダー、韓国同業と合弁契約(06/19)

二輪レンタルのバウンス、7200万ドル調達(06/19)

NEC、南部の警察に指紋認証システム提供(06/19)

テックマヒンドラ、カナダの同業を買収(06/19)

三菱電機、スリランカの上水道向上を支援(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン