DRAM市況再び悪化か、価格下落幅が拡大

米中貿易摩擦などの要因により、DRAM市況の低迷が再び懸念されている。関係者によると、今四半期(10~12月)のDRAM販売価格の下落幅は予想を上回る1割に拡大。下落幅の拡大は2019年第2四半期(4~6月)半ばまで続くとみられている。17日付経済日報が伝えた。 DRA…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ITで支援、糖尿病患者を救え 新世代ベンチャー(3)慧康生活(05/17)

アリババファンド、李執行総監に聞く(05/17)

台湾の画像認識大手と提携、IT企業アステリア(05/17)

PCBの精成、マレーシア新工場を下期に稼働(05/17)

AIスパコン「タイワニア2」、試運転開始(05/17)

大同が黒字転換、資産処分が子会社不振をカバー(05/17)

微熱山丘、南投産バナナの新商品開発(05/17)

建大、越子会社に15億元増資し工場拡張(05/17)

誠品生活日本橋、台湾から50以上のブランド集結(05/17)

IKEA、新店に世界発MRT駅一体型店舗(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン