コモド島入園料大幅値上げ、観光業界が反対

インドネシアの東ヌサトゥンガラ州政府は、世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)が生息するコモド国立公園(コモド島)の入園料を500米ドル(約5万6,000円)に引き上げることを計画している。しかし、地元の観光業界は、観光客が減少しかねないと反対している。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「『パギ(朝、またはお…(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

ガルーダ、乗客への告訴撤回 インスタ投稿問題で、初動に批判(07/22)

EV開発促進策ほぼ完了=ルフット調整相(07/22)

KDDI、PtoP事業運営社に出資(07/22)

いちから、Vチューバー事業に参入(07/22)

首都空港第3滑走路、8月中旬に供用意向(07/22)

ゴジェックとアストラ、自動車リースを開始(07/22)

バリ空港、イスタンブール直行便が就航(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン