コモド島入園料大幅値上げ、観光業界が反対

インドネシアの東ヌサトゥンガラ州政府は、世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)が生息するコモド国立公園(コモド島)の入園料を500米ドル(約5万6,000円)に引き上げることを計画している。しかし、地元の観光業界は、観光客が減少しかねないと反対している。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

首都公共バス、目標乗客数22%増の2.3億人(02/21)

北スマトラの港湾旅客ターミナルの改修完了(02/21)

エネ鉱相令、屋上太陽光発電の障害に(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン