アジア太平洋の航空会社、19年は全体に好調

国際航空運送協会(IATA)のチーフエコノミスト、ブライアン・ピアース氏はこのほど、アジア太平洋地区に本拠を持つ航空各社の2019年の純利益は総額104億米ドル(約1兆1,800億円)で、今年の96億米ドル(見通し)を8.3%上回ると予測した。17日付ニュー・ストレーツ・タイムズ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

GDP成長率、1Qは4.5% 農業の急回復と家計消費が下支え(05/17)

RM=26.3円、$=4.16RM(16日)(05/17)

DNeX、ジョホール港から荷役アーム受注(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

PCBの精成、マレーシア新工場を下期に稼働(05/17)

マレーシア航空、日本向けチャーター便拡大(05/17)

MASウイングス、欧州企業と整備契約(05/17)

ハブライン、子会社がペトロナスと輸送契約(05/17)

19年の搭乗者数は1億550万人、航空委員会(05/17)

フォルクスワーゲン、下期に2モデル発売(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン