• 印刷する

消費者保護法、19年初めにも閣議承認

カンボジア商業省は、長年議論が続いている消費者保護法が2019年初めにも閣議承認されるとの見通しを示した。競争法と電子商取引(EC)法も同年内の承認を見込む。クメール・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

商業省のマオ・トーラ長官は、消費者保護法に関する閣僚級の議論は2019年1~2月に終わるとの見通しを示した。その上で、3法の法案の成立が来年の目標だと話した。各法案にはアジア開発銀行(ADB)などの専門家の意見を取り入れているとして「最善かつ包括的な法律を作りたい」とも述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

バイヨンが日本などに肥料輸出へ、国内初(06/14)

財閥LYP、ウオーターパークの建設計画(06/14)

外国人観光客、1~4月は11%増(06/14)

CPF、東北の鶏肉工場でカンボジア人増員(06/14)

年功補償支給へ準備進む 労働省が研修、400人超参加(06/13)

中国2社、火力発電所建設を請負(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン