• 印刷する

消費者保護法、19年初めにも閣議承認

カンボジア商業省は、長年議論が続いている消費者保護法が2019年初めにも閣議承認されるとの見通しを示した。競争法と電子商取引(EC)法も同年内の承認を見込む。クメール・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

商業省のマオ・トーラ長官は、消費者保護法に関する閣僚級の議論は2019年1~2月に終わるとの見通しを示した。その上で、3法の法案の成立が来年の目標だと話した。各法案にはアジア開発銀行(ADB)などの専門家の意見を取り入れているとして「最善かつ包括的な法律を作りたい」とも述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

首相、EU制裁でも「影響は軽微」(02/18)

米が元野党党首の解放要求、外務省が反論(02/18)

財閥ロイヤル、都心で国内最高層ビルに着工(02/18)

中小企業への税優遇、申請要件に不満(02/18)

対越貿易拡大へ、複数品目の関税撤廃で合意(02/18)

政府、首都空港に駐機場増設を要求(02/18)

電子通貨を不正利用 伊豆大島の宿泊事業者(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン