• 印刷する

テイクオフ:7日からジャカルタで開…

7日からジャカルタで開催されたインドネシア日本映画週間2018が16日で終わった。36本も映画が公開されるのだから、2、3本は見に行けるだろうと、高をくくっていたら、あれよあれよという間に時が過ぎ、気付いたら終わっちゃった。

インドネシアでは邦画の上映本数が非常に少ない。インドネシアへの配給ルートがあまりないのか、単に人気がないのか、アニメ映画が時々公開される以外は、ほとんど見る機会がない。なにせ東南アジア地域で唯一、日本の怪獣ゴジラシリーズの最新作「シン・ゴジラ」が上陸しなかった国だ。邦画はむしろ、ケーブルテレビやDVDの方で多く見かける。

こうした当地の事情を踏まえると、今回の映画週間は邦画を見る数少ない機会だったので残念でならない。これを機にインドネシアでも邦画に注目が集まるといいなあ。(角)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

バンドン空港は近距離便拠点に、運輸相(02/22)

アジアポリー、アチェ水力発電所事業を縮小(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン