• 印刷する

華為の日本法人、安全上の懸念報道を否定

深セン市に本拠を構える通信設備・機器世界最大手、華為技術(ファーウェイ)の日本法人は14日、同社製品の安全性を懸念する一部報道について、否定する声明を発表した。

「製品を分解したところ、ハードウエアに余計なものが見つかった」「仕様書にないポートが見つかった」といった報道が一部で見られるが、「まったくの事実無根」であると否定した上で、日本に導入されている同社製品は、日本の顧客の「厳格な導入試験に合格」していると強調した。

日本では、政府の調達製品について各府省庁が「安全保障上の観点を考慮する」と申し合わせるなど、通信機器のセキュリティーに対する関心が高まっている。


関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

DBS、香港の18年純益37%増で過去最高(19:58)

加工製品からアフリカ豚コレラ、複数企業で(20:09)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

テイクオフ:英国生まれで中国でも人…(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

米中貿易協議は継続 今週米首都で、期限前合意目指す(02/18)

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン