• 印刷する

華為の日本法人、安全上の懸念報道を否定

深セン市に本拠を構える通信設備・機器世界最大手、華為技術(ファーウェイ)の日本法人は14日、同社製品の安全性を懸念する一部報道について、否定する声明を発表した。

「製品を分解したところ、ハードウエアに余計なものが見つかった」「仕様書にないポートが見つかった」といった報道が一部で見られるが、「まったくの事実無根」であると否定した上で、日本に導入されている同社製品は、日本の顧客の「厳格な導入試験に合格」していると強調した。

日本では、政府の調達製品について各府省庁が「安全保障上の観点を考慮する」と申し合わせるなど、通信機器のセキュリティーに対する関心が高まっている。


関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊オフィスの並びにある…(06/19)

テイクオフ:香港にライチの季節がや…(06/19)

テイクオフ:「あんたが焼くと味がぜ…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(06/19)

華為、今後2年間で売上高3兆円減へ(06/19)

華為は「不死鳥」とCEO 低迷覚悟、2年後「さらに強く」(06/19)

NEVの安全性調査、10月末までに報告義務(06/19)

グーグル中華圏トップ、初の台湾人陳氏が就任(06/19)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン