• 印刷する

コッコンの探鉱大型投資、首相が却下

カンボジアのフン・セン首相は、南西部コッコン州トゥマルバイン地区で提案されていたチタン探鉱の大型投資計画を、2カ月前に却下していたと明らかにした。森林破壊を理由に挙げているが、関わった企業の名称は明らかにしていない。クメール・タイムズ(電子版)が17日に伝えた。

フン・セン首相は同州で開催されたシーフェスティバルの会場で「鉱業・エネルギー省から提案を受けた。調査の結果、220億米ドル(約2兆5,000億円)超に相当するチタンの埋蔵を確認したものの、約2万ヘクタールの原生林が失われることが分かり却下した」と説明した。

一方、この企業は新たな投資計画を提案しているという。フン・セン首相は「投資家の信頼確保だけでなく、カンボジア人の保護も考える必要がある」と述べた。

チタン探鉱計画については、コッコン州のミトナ・プトルン州知事もフン・セン首相に賛同。「環境や森林に重大な悪影響をもたらす」との見解を示している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

首相、EU制裁でも「影響は軽微」(02/18)

米が元野党党首の解放要求、外務省が反論(02/18)

財閥ロイヤル、都心で国内最高層ビルに着工(02/18)

中小企業への税優遇、申請要件に不満(02/18)

対越貿易拡大へ、複数品目の関税撤廃で合意(02/18)

政府、首都空港に駐機場増設を要求(02/18)

電子通貨を不正利用 伊豆大島の宿泊事業者(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン