• 印刷する

《日系進出》街コンサイトのリンクバル、ハノイに拠点

イベント電子商取引(EC)サイトを手掛けるリンクバル(東京都中央区)は14日、同社初となるソフトウエアの海外開発拠点をハノイに設立したと発表した。若くて優秀なソフトエンジニアが豊富なベトナムを拠点にサイト開発強化と事業成長を図る。

ハノイ事務所は今月13日に開所した。当初はオフショア開発拠点としてスタートし、現地人材を積極採用する。ゆくゆくは採用した人材を育成し、日本と同等の開発拠点を目指す。ソフトウエア開発およびメンテナンスサービスなどを実施する。

日本国内におけるエンジニア人材の採用競争が厳しさを増す中、同社は積極的に外国人採用を進め、現在は約3割が外国人という。ベトナム拠点設立により、優秀な人材確保と併せてコスト競争力の向上が見込めると説明した。

リンクバルはイベントECサイト「machicon JAPAN(マチコンジャパン)」を運営しており、11月時点での会員数は150万人超。日本全国で実施されるイベントを年間18万件以上掲載している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

ゴーベト、ゴジェックにブランド名など統一(07/07)

斗山ビナ、ゲマリンク国際港にクレーン納入(07/07)

東急「ザ・ビュー」サービスアパートを開始(07/07)

韓国製造、ビンスマートへ音響部品を納品(07/07)

香港TTI、HCM裾野産業センターと覚書(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン