• 印刷する

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ

ミャンマー国鉄(MR)は、最大都市ヤンゴンと中部バゴー管区ピーを結ぶ都市鉄道の改修工事の入札を2019年初頭に実施すると発表した。ミャンマーの国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日伝えた。

ヤンゴン―ピー路線の改修事業費は2億米ドル(約227億円)を予定。アジア開発銀行(ADB)と欧州投資銀行(EIB)の支援で実施する。着工は20年、工期は3年間を予定する。 

ミャンマー国鉄はヤンゴン―ピーのほか、◇ヤンゴン―第2の都市マンダレー◇マンダレー―北部カチン州ミッチーナ◇ヤンゴン―東部モン州モーラミャイン◇ヤンゴン環状線――の4路線を優先的に改修する方針を示している。日本が支援するヤンゴン―マンダレー線とヤンゴン環状線の改修は、24年、30年までにそれぞれ終了する見通しだ。

ミャンマーでは、鉄道事業への支出が国内総生産(GDP)に占める割合が1.5%と、世界平均の約6%を大きく下回る水準にとどまっている。国鉄の担当者は「経済成長を促進するためにも、鉄道への投資を拡大する必要がある」と述べた。 


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

イオン、大型店展開を本格化 家電など充実、8月に2店目(05/21)

企業会計も10月開始に変更、政府が通達(05/21)

鉄鋼需要は25年に500万トン、供給増が急務(05/21)

一風堂、ジャンクションスクエアに2号店(05/21)

グリットグループが観光客向け決済サービス(05/21)

中緬経済回廊の事務所、ネピドーに開所(05/21)

コメ連盟、農家救済で政府介入を要請(05/21)

シンガとの貿易額、10~4月は19億ドル超(05/21)

マグウェーで風力発電、20年末にも稼働へ(05/21)

マラリア感染が6年で86%減、米国支援で(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン