• 印刷する

労組合併の無効要請、資源業界団体が敗訴

オーストラリアの資源業界団体、鉱業・金属協会(AMMA)がオーストラリア海運労組(MUA)と建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)の合併を無効とするよう連邦裁判所に訴えていた件で、連邦裁判所がこのほど、AMMAの訴えを退けたことが分かった。ただ、AMMAが今後、最高裁判所に控訴する可能性もあるという。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

MUAとCFMEUは3月に正式に合併し、巨大労組「建設・林野・海運・鉱山・エネルギー労組(CFMMEU)」が誕生した。AMMAと建設業界団体マスター・ビルダーズ・オーストラリア(MBA)は労使裁定機関のフェアワーク委員会(FWC)に対し、両労組の合併を無効とするよう求めていたが、6月にこれが却下されたため、AMMAは連邦裁判所に訴えていた。

AMMAは、現行法の下で巨大労組の合併が禁じられているほか、MUAとCFMEUが違法な争議行為をめぐって未解決の裁判を抱えており、両労組の違法行為は「犯罪に類似したもの」と主張。しかし連邦裁判所は、1990年以前であれば合併が認められなかった可能性はあるものの、その後の法改正で労組の合併は容易になっているとし、AMMAの主張を退けた。

AMMAのノット最高責任者は以前、連邦裁判所で訴えが退けられた場合、必要であれば最高裁判所に控訴する方向でAMMAの加盟企業から支持を得ているとしていた。ただ、CFMEUのオコナー全国書記長は、今回の判決はMUAとCFMEUの合併の正当性を示したものであり、AMMAが控訴すれば、加盟企業の資金を無駄にするだけだと話している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西オーストラリア州ロー…(02/21)

豪4Q賃金、4年ぶり高水準 2.3%上昇、今後は減速か(02/21)

金融王立委の提言を反映、野党が法案発表(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

RBA、住宅価格と消費低迷で利上げ足踏み(02/21)

競争関連訴訟、中小企の保護を=豪政府(02/21)

BHP上期減益、事故で生産性向上にも影響(02/21)

ASC、潜水艦保守作業のパース移管を検討(02/21)

豪政府、太陽光パネル補助金に20億豪$拠出(02/21)

ANZの住宅ローン残高、伸び1%で低調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン