• 印刷する

テイクオフ:一時帰国を前に、毎回や…

一時帰国を前に、毎回やらなければいけないことがある。しこしことためたペソの日本円への両替だ。

タイミング悪くペソの為替レートは下降気味。比較的レートのよいマニラ市マラテのマビニ通り沿いのマネーチェンジャーへ行く。店に入ると、思ったよりレートがよい。用意していたペソの束に加え、手持ちのペソを探し、予定より多めに両替してもらうことに。

家に帰って手持ちのペソを計算すると、5,000ペソ(約1万600円)足りない。わざわざ遠方にあるレートの良い店に行った意味がない。以前も別の店で手持ちのペソをかき集めて両替してもらった際、1,000ペソが消息不明になった記憶がよみがえる。店側はこちらの出す金が不足する場合は指摘するが、少々多くても言ってくれないのかもしれない。あらかじめ両替する分をまとめ、店で数えて両替することは避けるべきか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン