介護、技能試験は母国語で実施を検討

【共同】介護分野に新在留資格「特定技能1号」で受け入れる外国人労働者に対し、政府は13日、技能に関する知識や判断力を問う試験を新設し受験者の母国語で実施する検討に入った。日本語試験は2段階で行う。日常生活に必要な能力に加え、介護の現場で使う専門用語などの理解力を…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ネットフリックスが伸び悩み 支払い方法や違法サイトが壁に(02/21)

「MUJI」、20年にHCM市でオープンへ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

財務省、国内産の自動車部品の減税を要請(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

HCM市の重要交通インフラ、5件で遅れ(02/21)

サッポロ、再参入の中国市場「順調」(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

ズンクアット製油所、拡張計画が大幅に遅延(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン