• 印刷する

テイクオフ:「アンニョンハセヨ」。…

「アンニョンハセヨ」。とある地方都市の博物館で、通りすがった団体のいる方向から、遠慮がちな小さな声が聞こえてきた。そろいの制服姿から見るに、地元の中学生たちのよう。学校から社会見学に来ているのだろうか。

その博物館は、観光ガイドブックに掲載されてはいるが、市内で唯一ともいえる観光地。こぢんまりとした館内を見回しても、外国人らしき風貌の人は他にいない。声をかけられたのは、私に違いないようだ。

ひと昔もふた昔も前、インドネシアの田舎町でよく呼び掛けられたコトバは「おしん!」。「アジノモト!」もあったっけ。今やジャカルタで韓国人や中国人に間違われることは、さして珍しいことではなくなった。それでも地方で韓国語のあいさつを耳にして、ここでも日本の存在感は薄れつつあるのかと、昔を思い出し一抹の寂しさを覚えた。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで生活する…(02/18)

地場3位の事業を引き継ぎ 車競売JBA子会社が業界首位に(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

トヨタと国営鉱業、車輪用合金の供給で提携(02/18)

1月の貿易収支、4カ月連続で赤字(02/18)

18年12月対外債務、前年同月比7%増(02/18)

東芝テレビ撤退完了、現地子会社の株譲渡で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

プルタミナ、ジェット燃料価格値下げ(02/18)

首都圏のLRT、運賃は1万2000ルピア(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン