• 印刷する

テイクオフ:年中高温多湿のシンガポ…

年中高温多湿のシンガポールでは、食品管理に気を遣っても絶対に安全とは言い切れない。

当地で食べ物が原因とおぼしき胃腸炎に何度か悩まされたが、久々にあの症状を再体験した。刺身定食を食べ、続けて自宅で賞味期限がとっくに切れているナッツをつまんだ。翌日になって腹痛に襲われ食欲が減退。自分の体調や免疫力とも関係しているのだろうが、恐らく細菌性胃腸炎とのことで医者に抗生剤をもらった。今までの経験では同様の症状に陥ると、原因となった可能性の高い食べ物を長期間受け付けられなくなる。昔ホーカーセンター(屋台街)でビビンバを食べた後に胃腸炎になった際には、ビビンバを食べられるようになるまでに数年を要した。

今回、刺身定食は行きつけの和食店で食べた。あの店にしばらく通えなくなるのはつらい。1日も早く刺身定食を心置きなく食べられるようになりたい。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)から約2…(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

18年の輸出額4%増、電子不振で伸び鈍化(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

陸運基本計画で政府に勧告、陸上庁の諮問委(02/18)

シンガポール航空、10~12月期は27%減益(02/18)

自転車シェアofo、要件満たせず免許停止(02/18)

通信スターハブ、18年通期は26%減益(02/18)

シンガ企業、ゲアン省に2億ドルの繊維工場(02/18)

ケッペルとSPH、M1の経営権取得(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン