• 印刷する

本土でのイノベーション、「税制が阻害」

香港の政策研究機関、一国二制度研究センターの方舟(ジョー・ファン)研究総監はこのほど、香港と中国本土の異なる税制が、香港の人材による本土でのイノベーションを阻害しているとの見解を示した。香港商報が伝えた。

広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」の人材育成に関する研究発表会の席上で発言した。方氏は、個人所得税の税率が違うなど、香港と本土間で異なる税制について言及。本土は滞在期間が183日を超えた域外の出張者に対し納税を義務付けており、税制上の規定が本土でイノベーションを行う香港人材の積極性を低下させる要因になっていると指摘した。

広東自貿区の一角を管理する深セン・前海管理局の香港出先機関トップ、前海管理局香港事務首席連絡官の洪為民(ウイットマン・ホン)氏は、香港から本土へと人材を誘致するための施策として、通信サービスの拡充や、両地域間を行き来するための専用通行証の発給などを提案した。

香港とマカオ政策を担当する中国国務院(中央政府)香港・マカオ事務弁公室(港澳弁)の張暁明主任は13日、本土の自由貿易試験区3カ所に進出する香港の企業に対し、香港の税制に基づいた税徴収を行うなど、一部の特殊政策を先行的に導入することを考慮すると述べた。


関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

海洋公園と香港大、教育や研究で提携覚書(12:14)

日本の消費行動に似る香港人 JNTO薬丸所長に聞く(下)(02/15)

ピーチ、6月から香港―那覇線を再開へ(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

香港と本土でレゴ認定店を増設へ、凱知楽(02/15)

スタンチャート、一帯一路沿線で増員(02/15)

反落、米中協議で様子見ムード=香港株式(02/15)

19年の香港長者番付、李嘉誠氏が首位キープ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン