低価格スマホの競争激化、地場ブランド苦戦

インドネシアのスマートフォン市場で、本体価格が100米ドル(約1万1,400円)以下の低価格帯の製品をめぐり各社の競争が激化している。中国、韓国勢が激しいシェア争いを展開している一方、ルピア安などで地場メーカーが苦戦している。14日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 米…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スマホアプリで配車サー…(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

2州10県市で400万ルピア超 来年の最賃、相次ぎ決定(11/21)

新首都、大統領宮殿はセパクに=公共事業相(11/21)

新首都建設に日本が関心=ルフット調整相(11/21)

10月の二輪車販売台数、2%減の約60万台(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

いすゞ、運行管理システム搭載車が千台超(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

レクサス、SUV「RX300」の新モデル発売(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン