• 印刷する

来年の賃上げ率5.2%予想=マーサー

米系コンサルティング会社マーサー・マレーシアは先ごろ発表したレポートで、2019年のマレーシアにおける賃上げ率を5.2%と予想した。スター(電子版)が13日伝えた。

同社は、消費財業種の賃上げ率が0.3%と小幅にとどまる以外は、ほぼ横並びの賃上げを維持すると予想した。管理職で比較した場合、業種別では生命科学、技術分野が基本給と昇給でトップになると指摘。担当業務別では法律、財務、研究開発で最も賃上げが見込まれるとした。

同社は今回、12業種、533社を対象とした調査で賃上げ予想をまとめた。

諸外国との比較では、マレーシアはバングラデシュ(10.0%)、ベトナム(9.8%)、インド(9.2%)などに比べると賃上げ率が低かった。日本は2.0%増だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ドローンでの出前、サイバージャヤで実証(14:22)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

テイクオフ:バッチャン焼、セラドン…(06/18)

セメント価格が最大50%急騰 建設業から批判、メーカーは反論(06/18)

RM=25.9円、$=4.17RM(17日)(06/18)

1Qの求人数2.6%増、高度人材案件で増加(06/18)

ス州の収入14%増、投資拡大が増収に寄与(06/18)

トップグローブ、欧米でエコ手袋売り込みへ(06/18)

伊レオナルド、マレーシア市場で商機狙う(06/18)

中国東方航空、東南アジアの航空市場に照準(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン