• 印刷する

テイクオフ:初めてオーストラリアで…

初めてオーストラリアで墓参りに行った。多国籍国家だけあって、アジア風の霊園がシドニー郊外にあり、そこには全長2メートルほどの大きい墓石が並んでいた。墓の裏に「李」や「TRAN」といった故人の名字が大きく掘ってある。似たような名前が多いので、隣のお墓も「李」だったりする。

驚いたのは、入り口から近い墓地一帯がすべて一人に買い占められているということだった。そして新しく墓を建てようとする家族が来ると、彼が買った墓地の場所から切り売りするそうだ。霊園から直接場所を買う場合は、入り口から遠い場所しか空いていないらしく、ビジネスが成り立つという。さらにオーストラリアでは土葬が一般的で、ちゃんとした墓が建つのは早くても半年後だという。

墓のことを考えると「終活」はこちらでも必要なのかもしれない。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン