トンルン首相、不要な公共投資にメス

ラオスのトンルン首相は、公共事業への不要な支出を防ぐため、事業内容の確認を強化する方針を示した。過去の公共投資4,000件以上を見直した結果、不要であったり、品質が不十分な事例が見つかっているという。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が14日伝えた。 トンルン首相は、開…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

東西経済回廊、2本の橋が5月完工(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

日本支援の民法典、成立記念式典を開催(02/20)

ビナケム、ラオスのカリウム塩事業から撤退(02/20)

福祉政策予算の配分調整を、アジア開銀(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン