労働党勝利ならインフラ企のみ恩恵=投資銀

オーストラリアの野党労働党が来年の総選挙で勝利し、政権に就いた場合、インフラ開発企業を除き、銀行、不動産、建築、医療保険、エネルギー関連の企業にとっては逆風になる見通しだ――。投資銀行マッコーリーが予測している。オーストラリアンが伝えた。 労働党は政権を獲得し…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ANZ銀買収がずれ込み Jトラスト、9月までに完了(05/20)

テイクオフ:豪連邦政府が5月に発表…(05/20)

豪州総選挙、与党が政権維持 保守連合、単独過半数の可能性も(05/20)

上院議会は過半数なし?ねじれ状態継続か(05/20)

ショーテン氏、労働党の党首を引責辞任(05/20)

アボット元首相、無所属ザリ氏に敗れる(05/20)

統一オーストラリア党、1議席も獲得できず(05/20)

豪の連邦総選挙、世論調査は軒並み当たらず(05/20)

〔政治スポットライト〕ホーク元首相が死去、労働党最長首相在任(05/20)

WA鉱区、INPEXと大阪ガスが取得も(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン