• 印刷する

18年の検索上昇トップは「W杯」=グーグル

2018年にシンガポールで最も注目を集めたトピックは、ロシアで開催されたサッカー・ワールドカップ(W杯)――。米検索大手グーグルが12日発表した今年の「急上昇ワード」ランキングで、シンガポールでは「ワールドカップ」がトップに立った。

2番目に検索件数が急上昇したのは「マレーシア総選挙」。同選挙では元首相のマハティール氏が15年ぶりに政権の座に返り咲いた。シンガポールでも隣国の政権交代に関心が高かったことがうかがえる。

3位はテニスの「全豪オープン2018」で、4位は総選挙で敗北し退陣を強いられたマレーシア前首相の「ナジブ・ラザク」氏だった。

部門別では、国内ニュース部門で「米朝首脳会談」が首位。シンガポールでは6月にトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が行われ、世界中の注目が集まった。シンガポールなどを舞台とし、世界的に大ヒットしたハリウッド映画「クレイジー・リッチ・アジアンズ(邦題クレイジー・リッチ!)」が2位だった。

ガジェット(小型電子機器)部門では、9月に発売された米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)XS」が1位となっている。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

水産物に特化した初の商談会 ジェトロ、生がきなど紹介(02/22)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

電通、デジタルマーケティングの地場企業買収(02/22)

メディアコープ、2つの地上波チャンネル統合(02/22)

電動スケーターシェア2社、駐車場法に違反(02/22)

セムコープ、18年通期は2桁増収も減益(02/22)

通信会社の請求書を透明化、政府が意見公募(02/22)

不動産開発CDL、18年通期は増収増益(02/22)

SMI、10~12月売上高は16.6%減少(02/22)

金融庁と欧州委、デリバティブ取引改革で協調(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン