• 印刷する

ガルーダ、来月ハリム空港で短距離線を就航

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、来年1月15日に首都ジャカルタ東部のハリム・プルダナクスマ空港を発着する短距離路線を就航させる。当面は、傘下の格安航空会社(LCC)シティリンクがこれまで運航していたジャカルタ―スラカルタ(ソロ、中ジャワ州)、ジャカルタ―ジョクジャカルタなどの路線を引き継ぐ。12日付インベストール・デーリーが伝えた。

ガルーダ航空の関係者によると、ハリム発着便を引き継ぐのは、シティリンクがジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港のLCC専用ターミナルに移転するため。使用機材はボーイング737NGで、運航便数は、ハリム空港を使用するLCCライオンエア傘下のバティックエアと今後調整する。

ガルーダ航空のアスカラ社長は「ハリム空港はジャカルタ中心部から近いため、VIPや経営者などの利用も多い。上位中間層が利用者の過半を占めている」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ライオンとガルーダ、整備拠点の統合協議へ(12:59)

テイクオフ:朝夕の通勤ラッシュ時間…(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

酒井重工業が製販体制を増強 新工場開所、年産能力を倍増(07/24)

ピーエス三菱、コンクリ防食技術で共同研究(07/24)

接着剤コニシ、製販の合弁会社設立へ(07/24)

中国が反ダンピング税適用、ステンレス鋼に(07/24)

1~5月自動車生産、東南ア最大の30%減(07/24)

ジャワ島で経済特区が可能に、要望多く(07/24)

環境省、原油流出で国営石油などに損賠提訴(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン