• 印刷する

公共事業省、水上タクシーの停泊駅増設へ

カンボジア公共事業・運輸省は、首都プノンペンと南部のカンダル州間で運航する水上タクシーの停泊駅の増設を検討している。乗客の需要が高まっていることに対応する。クメール・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

同省広報官によると、プノンペンとカンダル間に複数の水上駅の設置を検討している段階で、来年早々に協議する見通しだ。カンダル州のサーン、キエンスバイの両地区に新たな駅を整備する方向だが、具体的な予算は未定という。

水上タクシーは今年4月に運航が始まり、現在はプノンペン北部のプレックプノブとカンダル州のタクマオ間を結んでいる。午前6時~午後6時に3隻のボートが運航し、6カ所の水上駅に停泊する。最大収容人数は60人。

年末までは運賃が無料で、来年以降は距離に応じて1,000~8,000リエル(約28~225円)の料金がかかる可能性がある。ただフン・セン首相は「来年1月までは無料にする」との見解を示している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本政府、港湾電子化・かんがい整備を支援(02/21)

EU制裁は国際対立を激化、野党名誉党首(02/21)

シアヌークビル空港、滑走路延伸が着工(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

シエムレアプに水族館建設、7千万ドル投資(02/21)

越産コメ輸出、条件緩和も中国規制で減速(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン