• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアを含め、…

オーストラリアを含め、欧米のミュージックビデオを見ていて驚かされるのは、肝心の音楽ではなく、映像の内容だ。他愛ないものも多いが、公共倫理に反しているだけでなく、視聴者を扇動するかのようなものが目立つ。地元の警察署を夜中に焼き払う、小売店に強盗に入って逃亡する、街の水道設備をバットで壊して歩く――などなどだ。

これらはマイナーなインディーズのビデオではなく、まぎれもない大スターが軒並み登場するミュージックビデオ。当然、民間施設などで何百回と繰り返し放映されるので、フランスに見られるような欧米の民衆暴動に一躍買っているのでは、と想像している。

オーストラリアは暴動こそ少ないものの、公共倫理と言われればやや心もとない。今年は移民が問題視されたが、その背後に、移民による公共倫理の在り方が隠れている気がする。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン