労働時間短縮の対応に遅れ フレックスタイム制の導入が鍵

今年7月から従業員300人以上の企業に「週52時間労働制」が義務付けられたが、対応に遅れが出ていることが大韓商工会議所の調査で明らかになった。同制度の違反企業に対する処罰の猶予期間終了が迫っているため、企業からは猶予期間の延長を求める声が強まっている。労働時間の短縮…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

海外送金、仕送り需要で急増 規制緩和を機に新規参入も相次ぐ(05/17)

LG電子、AIチップを独自開発(05/17)

韓国人が最も利用するアプリ、ユーチューブ(05/17)

最低賃金引上げ、労働生産性を上回るペース(05/17)

韓国化粧品大手アモーレ、ECラザダと提携(05/17)

SK、越ビングループに10億米ドル出資(05/17)

ハナ金融、ローンスター仲裁で勝訴(05/17)

現代自系列の部品会社、BYDと戦略的提携(05/17)

SUV約20モデル発売、完成車各社(05/17)

経営難のアシアナ航空、1Qは90%減益(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン