労働時間短縮の対応に遅れ フレックスタイム制の導入が鍵

今年7月から従業員300人以上の企業に「週52時間労働制」が義務付けられたが、対応に遅れが出ていることが大韓商工会議所の調査で明らかになった。同制度の違反企業に対する処罰の猶予期間終了が迫っているため、企業からは猶予期間の延長を求める声が強まっている。労働時間の短縮…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

労働時間短縮で雇用40万人減、民間研究所(17:06)

現代自を家宅捜索、リコール規定違反の疑い(17:42)

「北は核を放棄せず」、元北朝鮮公使が指摘(17:48)

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…(02/20)

板橋がIT都市の地位確立 域内売上高が拡大、企業交流活発(02/20)

1月自動車産業、現代自好調で全項目増加(02/20)

現代自の主力セダン・ソナタ、8代目生産(02/20)

シルクエアー、5月に釜山直行便を就航(02/20)

現代自が外部監査人交代、30年ぶり(02/20)

駐車場拠点にEVサービス、Eマートが拡大(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン