【第2位】巨大消費市場、日系が続々参入表明

拡大する中間所得層を取り込もうと、日本の小売りや食品企業が相次ぎインド市場参入に意欲を表明した。来年以降、商品の発売や店の開業が活発化する見通しだ。人口13億のインドは巨大な消費市場である一方、価格競争が激しく、地域によって好みが異なるなど難しさも多い。日本企業…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料繊維サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:22日、インドは無人月…(07/24)

EV充電網に広がり 官民で推進、1千カ所の大型整備も(07/24)

現代自、傘下起亜の工場での生産検討(07/24)

印ゴーエア、プノンペン直行便を就航へ(07/24)

ボッシュの南部工場、需要低迷で一時停止(07/24)

TVSモーター、4~6月は増収減益(07/24)

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(07/24)

賃金法案、最低賃金に全国共通の下限を設定(07/24)

仮想通貨の全面禁止、省庁委が提言(07/24)

住宅購入の負担増加、月収の60倍超に(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン