中鋼董事長、10年間で環境保護に400億元投入

鉄鋼台湾最大手の中国鋼鉄(中鋼、CSC)の翁朝棟董事長は、このほど開いた自社イベントの席上、グループとして環境保護事業を強化し、今後10年間で400億台湾元(約1,500億円)を投入する方針を明らかにした。経済日報が伝えた。 翁董事長が示した方針について、証券筋は「排水…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

1~5月の半導体生産機械輸出額、過去同期最高(06/19)

グーグル中華圏トップ、初の台湾人陳氏が就任(06/19)

古河電工の工場で火災、死傷者はなし(06/19)

JDI「財務安定化」急ぐ、株主は先行き不安視(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

国光生技、第2充てんライン21年量産開始へ(06/19)

桃園駅前の店舗賃料、サツドラがトップ(06/19)

精密金属加工の宇隆、台湾で生産拡大(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン